COBOLソースコード解析とは

COBOLソース解析は、COBOLプログラムを解析し、プログラムの構造や関係などの解析情報を出力して、プログラムを「見える化」する機能です。

COBOLは、1959年に開発された歴史あるプログラミング言語であり、現在も金融機関や政府機関など多くの重要なシステムで利用されています。しかし、COBOLは複雑な言語であり、長年稼働してきたシステムのソースコードは、複雑化、老朽化が進んでいます。

COBOLソース解析ツールは、このような複雑化したCOBOLソースコードを理解し、保守性を向上させるために役立ちます。

COBOLソースコード解析ツールの機能

COBOLソース解析ツールは、以下のような機能を提供します。

  • 構造解析
    • プログラムの構造をツリー形式で表示
    • 各手続きの呼び出し関係を分析
    • 使用されていない変数や手続きの検出
  • データフロー分析
    • データの読み書きの流れを分析
    • 変数の使用箇所を特定
    • データの依存関係を分析
  • 制御フロー分析
    • プログラムの制御の流れを分析
    • 条件分岐やループ処理の構造を分析
    • デッドコードの検出
  • 呼出関係分析
    • プログラム間の呼出関係を分析
    • 循環呼出の検出
    • 依存関係の分析
  • コードメトリクス
    • プログラムの規模や複雑さを測定
    • コードの品質を評価
    • 保守性を予測

COBOLソースコード解析ツールの利用シーン

COBOLソース解析ツールは、以下のような場面で利用されます。

  • COBOLプログラムの保守
    • プログラムの構造や関係を理解
    • バグの原因特定
    • 改修箇所特定
  • COBOLプログラムの移行
    • プログラムの構造や関係を把握
    • 移行対象となるプログラムの選定
    • 移行作業の計画
  • COBOLプログラムの品質向上
    • コードの複雑さを低減
    • 保守性を向上
    • コードレビューの効率化

COBOLソースコード解析ツールの選定

COBOLソース解析ツールは、さまざまなベンダーから提供されています。ツール選定の際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 解析機能
    • 必要とする解析機能が揃っているか
    • 解析精度
  • 使いやすさ
    • 操作性
    • レポートの出力形式
  • サポート体制
    • 導入支援
    • 保守

COBOLソースコード解析ツールの代表例

COBOLソース解析ツールの代表例は以下の通りです。

まとめ

COBOLソース解析ツールは、COBOLプログラムの理解、保守、移行、品質向上に役立つツールです。ツールの機能、使いやすさ、サポート体制などを考慮して、最適なツールを選びましょう。

アバター

投稿者 yoyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です