今一番流行っている動画エディタ「CapCut」をご存知でしょうか?どこでも、どんな動画も自由に編集できるオールインワンツールです!

「CapCut」は効率的に動画編集できる機能が豊富に搭載されており、AI技術を活用した柔軟な動画編集が可能な一体型ツールであり、誰でも簡単に本格的な動画編集が楽しめます。

本記事ではCapCutの概要や実際の文字入れ方法を画像付きで解説し、文字入れができない時の対処法もご紹介しています。

CapCutとは?

CapCutは、中国の大手IT企業ByteDanceTikTokを運営する企業であり)が提供する、いつでもどこでも誰でも簡単に使用できる高機能な動画編集ソフトウェアです。動画のカットや速度調整、テキスト挿入など基本的な編集から、ナレーション追加、エフェクトやステッカーの挿入まで、幅広い機能が装備されています。直感的な操作で想像した通りの動画を作成できることが特徴です。

PC(Windows・Mac)及びスマートフォン(Android・iPhone)対応で、ほとんどの機能を無料で利用可能です。無料版と有料版では、編集可能な動画の長さや利用できるエフェクト、フィルターに差がありますが、無料版でも充分な機能を備えています。

この記事では、CapCutの基本情報から、テキスト挿入の手順、編集・装飾方法に至るまで、画像を交えてわかりやすく説明していきます。また、テキスト挿入がうまくいかない場合の解決策も提供します。

CapCutの使用手順

CapCutでは、編集可能な動画の長さが無料版では最大15分となっており、より長い動画を編集したい場合には有料版へのアップグレードが推奨されます。さらに、テキストテンプレートの使用や縦書きテキストの挿入など、様々なテキスト関連の機能が提供されています。

1. CapCutをダウンロード

まずは、App StoreまたはGoogle PlayストアからCapCutをダウンロードします。

2. プロジェクトを作成

CapCutを起動したら、「新しいプロジェクト」をタップして、動画編集画面を開きます。

3. 動画を読み込む

画面下部の「インポート」をタップして、編集したい動画を選択します。

4. テキストを追加

画面下部のメニューから「テキスト」をタップします。

  • スタイルを選択

様々なスタイルのテンプレートが用意されているので、動画のイメージに合ったものを選びます。

  • テキストを入力

テンプレートを選択したら、テキスト部分をタップして、表示したい文字を入力します。

  • フォント、色、サイズなどを編集

画面上部のメニューバーを使って、フォント、色、サイズ、位置、回転などを編集できます。

  • アニメーションを追加

さらに、テキストに動きのあるアニメーションを追加することもできます。

  • テキスト読み上げ

右上の「テキスト読み上げ」をクリックし、好みの声を選んでください。

5. エクスポート

画面右上の「エクスポート」を選択します。画質やフレームレートなどを設定して、動画を保存できます。

CapCutで文字入れをする際のポイント

  • フォントは読みやすいものを選ぶ

動画の内容が伝わりやすいように、読みやすいフォントを選びましょう。

  • 色は背景と見分けやすくする

背景と文字色が同化してしまうと、読みにくくなってしまうので、見分けやすい色を選ぶようにしましょう。

  • サイズは画面サイズに合わせる

画面サイズに対して文字が大きすぎたり小さすぎたりすると、見づらくなってしまいます。

  • アニメーションは控えめに使う

派手なアニメーションを使いすぎると、動画が見づらくなってしまうので、効果的に使いましょう。

CapCutで文字入れができない時の対処法

CapCutで文字入れができない場合は、いくつかの原因が考えられます。

原因

  • アプリのバグ
  • デバイスの不具合
  • インターネット接続の問題

対処法

1. CapCutアプリのバージョンアップ

アプリストアでCapCutアプリの最新バージョンがリリースされていないか確認し、最新バージョンにアップデートしてください。

2. CapCutアプリの再起動

アプリを閉じて再度起動することで、一時的な不具合が解消される場合があります。

3. デバイスの再起動

スマートフォンの再起動することで、デバイスのメモリが解放され、問題が解決される場合があります。

4. インターネット接続の確認

インターネット接続が不安定な場合、文字入れ機能が正常に動作しない場合があります。安定したインターネット環境で再度お試しください。

5. アプリの削除と再インストール

上記の手順を試しても問題が解決しない場合は、CapCutアプリを削除して再インストールしてみてください。

6. サポートセンターへの問い合わせ

上記の手順を試しても問題が解決しない場合は、CapCutのサポートセンターにお問い合わせください。

まとめ

CapCutを使った動画編集は、その直感的な操作性と高度なカスタマイズ機能により、初心者からプロフェッショナルまで幅広いユーザーに適しています。特にテキスト挿入機能は、動画に個性的な表現を加えることができ、視聴者の注目を集めることが可能です。

この記事を通じて、CapCutの基本操作から少し応用的なテクニック、さらにはトラブルシューティングまで、動画編集の全体像を掴んでいただけたことでしょう。実際に手を動かしながら、ご自身のアイデアを形にしてみてください。CapCutは、あなたの創造力を限界なく引き出す強力なツールです。動画編集の旅を、今すぐCapCutと共に始めましょう。

仕事を向上するため、効率的で正確なリアルタイム翻訳ツール— Felo 瞬訳

Felo 瞬訳とは何ですか?

Felo 瞬訳は、GPT-4エンジンとRRTテクノロジーを搭載したAI同時通訳アプリです。英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、アラビア語、日本語など15以上の外国語の音声を迅速かつ正確に翻訳できます。オリジナルと翻訳されたテキストのダウンロードをサポートし、正確な表現や発音の学習を支援します。大規模な言語モデルであるChatGPTは、舞台の情熱、表現、および劇的効果を正確に伝え、観客が異なる言語文化からもたらされる興奮を十分に理解し楽しむことができます。

Felo Translatorは、同時通訳者にどのように支援できますか?

Felo 瞬訳は、同時通訳の初心者をサポートし、ノートを取り残さず、専門用語の翻訳をより正確に行うことで問題を解決します。

同時通訳は複雑で高度な技術を要する仕事であり、通訳者はしっかりした言語スキル、豊富な専門知識、そして良好なチームワーク精神を持つ必要があります。継続的な学習と自己の翻訳能力の向上のみが、この重要な翻訳タスクに適任であり、国際コミュニケーションの円滑な進展に貢献できます。

iOSダウンロード | Androidダウンロード

rika

投稿者 rika

「CapCutで動画に文字入れと編集方法」に2件のコメントがあります
  1. こんにちは。もし知ってたら教えてください。
    capcut POPup albumがスタイルの中にないんです。どこにあるか教えてください。

    1. こんにちは!CapCutで「POPup album」スタイルが見つからないんですね。いくつか考えられる原因と解決策をお伝えします。

      原因1:テンプレートの最新情報反映

      CapCutは定期的にアップデートされており、新しいテンプレートが追加されています。「POPup album」スタイルは比較的新しいテンプレートなので、もしアプリが最新でない場合、反映されていない可能性があります。

      解決策:

      CapCutアプリを最新バージョンにアップデートする。
      アプリを再起動する。
      原因2:地域による配信

      すべてのCapCutテンプレートが世界中で利用できるわけではありません。「POPup album」スタイルは、まだ一部の地域でのみ配信されている可能性があります。

      解決策:

      VPNを使用して、配信地域を変更してみる。
      別のテンプレートを使用する。
      代替案:

      もしどうしても「POPup album」スタイルを使用したい場合は、以下の代替案もご検討ください。

      類似のスタイルを探す:「POPup album」以外にも、写真がポップアップするようなスタイルはいくつかあります。検索バーで「ポップアップ」や「アルバム」などのキーワードで探してみてください。
      自分で作る:CapCutには、豊富な編集機能が搭載されています。少し時間と手間はかかりますが、自分好みのスタイルを自作することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です