Sparticle社のRAG技術がもたらす変革、個人情報保護に特化した事業と連携。

ぜんかれん共済会は、Sparticle社の提案を基にさらなるユースケース検証を行い、顧客に先駆的なサービスを提供していく方針を発表。これにより、最新のAI技術導入を通じて、顧客とのコミュニケーション手段を画期的に革新することとなる。このAI技術の特長は、生成AI能力の最大活用にある。Sparticle社のRAG技術はChatGPTに続く進化を遂げ、100%の精度を目指し国内最高レベルのサービス提供を実現する。

Sparticle株式会社(本社:中央区 代表理事:金田達也 以下:Sparticle)は、一般社団法人ぜんかれん共済会に対し、最先端のAI技術を導入し、顧客とのコミュニケーションの革新を提供すると発表しました。その取り組みとして、この度、SparticleのGPTBase(RAGの技術を活用)を導入し、ウェブサイト上でのAIによる応答システムを実現しました。

このAI技術の特長は、生成AIの能力を最大限に活かすことにあります。特に注目されているRAG技術をSparticle社は、ChatGPTの登場以来、研究開発を進め、今後はより大規模なデータを活用したサービス提供を目指しています。

Sparticleは「生成AIの専業企業として、当社の独自のRAG技術を活用していただけることを光栄に思います。RAG技術の活用により、ChatGPTよりも100%の精度を実現することを目指しており、国内で最高レベルの精度を誇っています。また、日本語に特化した独自のLLMの提供(国内ベンチマークでは最高レベル)も予定しており、ぜんかれん共済会様と共に、次世代のデジタルモデルであるエージェント(人間をサポートするAI)の実現を目指して参ります」と述べました。

一方、ぜんかれん共済会の関口代表理事は、「Sparticle社様からは、生成AIの有効活用方法に関する多くの提案をいただいており、今回のChatBOT(AI)導入はスタートに過ぎません。様々なユースケースを検証し、これまでにないサービスを提供していく考えです。Sparticle社様とのパートナーシップを重ねつつ、当団体も顧客サービスの向上を目指していきます」とコメントしています。

この導入により、Sparticle社はAI技術の進化を推し進め、ぜんかれん共済会は顧客サービスの向上と効率化を実現します。両社の協力により、次世代のAIエージェントが実用化され、顧客との接点で新たな価値を提供することが期待されます。

【Sparticleについて】

Sparticleは、生成AI技術の専門企業として、自然言語処理やAIの最先端技術を駆使し、高度なAIモデルの研究開発を行っている。特にRAG(Retriever-Reader-Generator)技術の開発に注力し、ChatGPTなどを凌駕する100%の精度を目指している。国内外の企業や機関に向けて、高精度なAIソリューションを提供し、顧客ニーズに応えます。また、日本語に特化したLLM(Language Model)の開発も進め、業界トップクラスの性能を誇る。

 詳細については、Sparticleサイト https://www.sparticle.com/をご覧ください。

【ぜんかれん共済会について】

ぜんかれん共済会は、精神障がい者やその家族のための共済制度を運営する一般社団法人です。ぜんかれん共済会は、日本で一番安い傷害保険として、精神障がい者のケガの補償を提供しています。創業以来30年以上の歴史があり、全国の加入者数は20,000人を超えています。2003年発足のぜんかれん共済会を前身とし、主に精神障がいのある方々(現在は、3障がいすべての方が対象となります)の労働災害リスクに対して、ケガの補償を提供する保険会社として2013年12月に関東財務局より認可を受け営業開始しています。

 創業の目的は、他の保険会社では加入が難しい障がいのある方々に、手ごろな保険料で、補償内容の充実した商品を提供し、日々の生活を安心して営んでいただくことにあります。

 詳細については、公式サイト https://www.zenkaren.com/をご覧ください。

このような取り組みにより、業界全体に新たな波及効果がもたらされる可能性があります。両社の協力が、顧客体験を向上させ、新たなイノベーションの可能性を切り拓くことを期待されます。

头像

By yoyo

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注